line4.jpg

HOME > 各種認定制度


title_bar.jpg

環境にやさしい農産物等の概要

農産物の表示法が改正され、以前のような無農薬栽培とか無化学肥料栽培といった表示ができなくなりました。一定以上の割合で化学合成農薬や化学肥料を削減して栽培した場合に、その農産物に対して表示が可能な制度が各都道府県ごとに設定されるなどしています。

長野県原産地呼称管理制度

m02.gif長野県産の農産物と農産物加工品のうち、特に味と品質が優れたものを認定する制度です。
最大の特徴はその厳しい認定基準。原料の栽培方法、生産方法、味などそれぞれに設けられた厳しい基準を基に、食に造詣の深い各界の著名人による官能検査を経て認定されます。

長野県原産地呼称管理制度「認定米」とは、栽培における農薬や化学肥料の使用を制限したうえで、精米の品質を認定基準に基づき審査し、なおかつ、お米の専門家からなる米官能審査委員会による官能検査に合格したものだけを「認定米」として、マークをつけて販売しています。
鈴ひかり金の音は、この認定米になります。

LinkIcon内容詳細 [PDF]
LinkIcon長野県原産地呼称管理制度はこちら

特別栽培農産物

土づくりなど特別栽培農産物の生産の原則を規定する。
① 化学的に合成された農薬及び肥料の使用を低減すること。
② 土壌の性質に由来する農地の生産力を発揮すること。
③ 農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した栽培方法を採用すること。

ガイドライン表示の対象となる農産物は、生産の原則に基づくとともに、化学合成農薬、化学肥料双方を慣行の5割以上減らして栽培された農産物とする。

LinkIcon内容詳細 [PDF]

信州の環境にやさしい農産物認証制度

m03a.gif地域の一般的な栽培方法と比較して、化学肥料及び化学合成農薬を50%以上(平成23年産までは 30%以上)削減して生産する農産物を認証し、認証された農産物には、県の認証番号が入った認証票(シンボルマーク)を付けることができます。
区分50、区分30があります。

LinkIcon信州の環境にやさしい農産物認証制度詳細はこちら

エコファーマー認定制度

eco_00.jpg環境に配慮した栽培技術の導入計画を基に、農業を実践する農業者に対し都道府県知事が認定する制度です。
農産物でなく、人を対象にした制度で、作物ごとに認定されます。
土づくり技術、科学肥料削減技術、化学農薬削減技術の各技術項目で、指定された技術を実践し、そのうちの一つは新規に導入する計画を立てます。


LinkIconエコファーマー制度はこちら

信州安曇野 松川村 ブランド米
おいしいお米 鈴ひかり

top_logo03.gif











随時募集しています。









お問い合わせ事務局

〒399-8501 
長野県北安曇郡松川村7027
鈴ひかり有限責任事業組合
(松川村営農支援センター内)
TEL:0261-61-1030
FAX:0261-62-4106