line4.jpg

HOME > 販売基準


title_bar.jpg

1. 松川村産のコシヒカリを使用すること。(100%)
2. 玄米にて1等級に認められたものであること。
3.安全・安心で特別栽培(※)で栽培されたものであること。
4. 食味検査(kett社製)にてスコア75以上であること。
5.米選別機(グレーダー)の篩目は、1.9mmで篩われたものであること。
6.栽培履歴、等級、食味検査値を公表すること。
7.米食味鑑定士による食味検査を行うこと。

(※)特別栽培米とは、長野県の慣行栽培基準(化学肥料N9.0㎏、化学合成農薬12成分)の50%削減をした栽培方法で栽培されたお米。

【エコファーマー認定基準】
① 稲わらの全量水田施用またはたい肥の施用による土づくり
② 施肥田植え機またはワンタッチ肥料の使用、有機質肥料の使用による化学肥料削減
③ 温湯種子消毒による化学農薬削減
更に、より一層環境にやさしい農業への取り組みとして、特別栽培農産物の基準沿った栽培を行う

ha05.jpg
全国統一基準の1等級米
出荷される玄米について、全国統一の基準に沿って外観の品質検査を行います。1等級に格付けされるものは、形が正常で透き通っている粒(整粒)が70%以上で、胴割粒等の被害粒、死米、着色粒、異種穀粒等の合計は15%以下のものです。このうち着色粒は0.1%以下、もみの混入は0.3%以下等の基準が設定されています。
an-820-a.jpg
米の科学性の分析実施
JA大北に設置されている食味計(Kett社製)により、米の科学性の分析を行います。米の食味に大きく影響する、タンパク含量、水分、アミロース含量、脂肪酸度等を分析し数値化します。
この分析値が75以上であれば、おいしい米と判断できます。
ha03.jpg
安全で安心な米作り
JA大北では、栽培試験の結果などを基に、生産者や関係機関と協議しながら毎年栽培基準を作成し、より質の高い米作りが出来るよう手引きを作成しています。
この中では農薬の使用基準や肥料の使用基準を定めています。
この資料を基に現地での指導会を開催し、生産者に徹底しています。また、毎年種子更新を行い、安全で安心な米作りに努めてます。
平成19年度から種子消毒をお湯で行うなどして、環境にやさしい農業に取り組み、全員がエコファーマーを取得しています。
ha04.jpg
トレーサビリティ(履歴管理)の充実
種子更新の有無、種子消毒から収穫までの間に使った農薬や肥料の銘柄や、使用時期、田植えや稲刈りの月日等を記録しています。

有明山の裾野に広がる、緑豊かな松川村の水田は、北アルプスからの清らかな水で稲が育っています。
鈴虫の鳴き声のように、澄み切った水と恵まれた環境でとれる鈴ひかりは、光り輝く最高のお米です。
米食味鑑定士の私も、自信を持ってお届けします。どうぞお試しください。

米食味鑑定士 百瀬 清(松川村在住)

信州安曇野 松川村 ブランド米
おいしいお米 鈴ひかり

top_logo03.gif











随時募集しています。









お問い合わせ事務局

〒399-8501 
長野県北安曇郡松川村7027
鈴ひかり有限責任事業組合
(松川村営農支援センター内)
TEL:0261-61-1030
FAX:0261-62-4106